おせち料理が地域で食べる日がちがうのは?

あなたのお家では、おせち料理はいつ食べますか?
年が明けて、元旦に家族が揃って、「明けましておめでとうございます。」とあいさつして、食べるものと考えていました。実際、日本のたいていのお家では、お正月の元旦から3日
くらいまで食べる家庭が一般的ですが、全ての地域でそうかといえばそうではないのです。ね?
では、それ以外ではいつからおせちを食べ始めるのか?違う地域ごとの風習の違いをご紹介しましょう。

大みそかからおせち料理を食べ始める地域もある。

あなたのお住まいの地域によっては、大みそからおせち料理を食べる地域があります。

北海道、東北地方、また、長野県や新潟県の一部では、大みそかからおせち料理を食べ始めます。逆に、その地域に暮らす人たちからすれば、「えっ?!大みそかから食べないの?」って不思議に思われるかもしれません。

これは、おせち料理の歴史を見ると、おせち料理は元々、宮中行事の中でも特に大切な「五節会」に供えられた料理で、それが時代と共に少しずつ変化し、現在のお正月料理として定着しました。
日本の多くの地方では、大みそかには年越しそば、年が明けておせち料理という流れですが、北海道、東北地方、長野県や新潟県の一部では、おせち料理が、新しい年を迎えるための「年迎えの膳」という意味合いがあります。

おせち料理を食べ始める時期、地域による違いがあるけれど、どっちで食べるといいの?


おせち料理を食べ始める時期として、大みそか派と元旦派に大きく分けられることがわかりました。
どちらかが正しいというような正解はありません。
それぞれの地域の風習の違いです。
地域の伝統、親から受け継いだ習慣、ご家庭ごとの習わしに合わせるといいのだと思います。

大切なことは、おせち料理は、新しい年が健康で幸せでありますようにという願いをこめた料理だということです。

まとめ

元旦から食べ始めるおせち料理も大晦日から食べ始めるおせち料理も、どちらも祝いの膳には変わりませんし、おせち料理はおめでたい膳です。

家族や親戚が集まる日に新らたな年を迎えることに感謝すると同時に良い年になるよう願いを込めて、おせち料理を楽しんでくださいね。

自然の恵みに感謝し、家族揃って食べられることを喜び、美味しくいただきましょう。